« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月25日 (日)

なにか続きます・・・。

 うーん、今年はやはり相応に寒い冬だからなのか。中西先生、早乙女先生の訃報を書いたばかりですが、今度は妻が子供の頃に絵を習っていた先生が亡くなった、との連絡がありました。いまだ59歳。お若かったのですが。なんか悲報が続きます。
 そういえば、これは訃報じゃないですが、ご近所でお世話になっていた模型店も急に店を閉める、という話になりました。私どもの本もおいていただいていたのですが。ご主人はホビー店経営25年、62歳にして、第二の人生を歩まれるとのこと。
 なんかこう、1月早々からいろいろありまして。かなり夫婦二人してショックを受けております。不思議と立て続くものですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

早乙女貢先生。

明日あたりから少し気温が上がりそうな予報ですが、今年はなかなか、ちゃんとした冬です。それで先日は中西立太先生のことを書きましたが、今冬、私としてはもうお一方について触れておかなければなりません。「会津士魂」で知られる作家の早乙女貢先生です。年末、がんで亡くなっておられました。もちろん私は知らなかったので、年賀状など例年通りに出してしまいました。投函後に訃報を知ったのですが・・・。
 先生にはペンクラブ入会に当たり推薦人になっていただきました。返す返すも残念です。
 来月、ペンクラブと文芸家協会の合同でお別れの会が催されます。
 ◆  ◆  ◆
 いよいよオバマさんが大統領になります。彼が就任するというだけで経済効果が何百億円もあるそうです。
 翻って日本ですが・・・いえねえ。消費税を上げる話だけ、順調に決められてもねえ。なんかもう政治の話は聞きたくない感じです、といって仕事柄、毎日、聞かざるを得ないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

中西立太先生。

 毎日新聞の訃報に「中西立太さん74歳(なかにし・りった=画家)11日、肺炎のため死去。葬儀は15日午後0時半、東京都東久留米市大門町1の3の4の浄牧院大空会館。喪主は妻元恵(もとえ)さん。歴史復元画を多く手がけた。1964年、シリーズ「人類の誕生」で産経児童出版文化賞大賞を受賞した」と報じられましたように、中西先生が急逝されました。
 実は昨夏以来、妻共々ご指導をいただいておりました。14、15日と東久留米までうかがいお見送りさせて頂きました。
 この冬は暖冬傾向の続いたここ数年と違い、かなり本格的な冬。そのためかと拝察しております。皆さまも御身体くれぐれもご自愛ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

本当に・・・?

 私事ですが、昨日、あるイベントに参加しまして非常に楽しかった・・・のですが、その最後になって、ある方から、私たち夫婦が師と仰いでいる方が亡くなったのではないか、という情報が入ってショックを受けているのです。未確認ですのでいまだ詳細不明、真偽そのものが不明。うーん・・・。なんだかはっきりしないとどうにもならないし。
 ◆  ◆  ◆
 毎日新聞でこんな記事を見ました。「温暖化の犯人は何か。「エネルギー・資源学会」(会員約2000人)は学会誌最新号で、人間活動で排出される二酸化炭素を主因とする研究者と、その懐疑論者ら計5人の意見を戦わせた特集「地球温暖化‥その科学的真実を問う」を掲載した。国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が、20世紀後半の温暖化は人為的との報告書を公表して2年。今も対立する両者の主張を比べるのに役立ちそうだ。・・・IPCCの「大気や海の温度の上昇、氷河の溶解など温暖化には疑う余地がない」との指摘には、全員が部分的を含め同意した。一方、「20世紀半ば以降の気温上昇のほとんどが人為起源の温室効果ガスの増加である可能性が非常に高い」との見解は、江守室長以外の4人が否定した。赤祖父名誉教授は「二酸化炭素の排出は増え続けているが、気温上昇は01年ごろから止まった。気温変化は自然変動の寄与が大きい」と主張した。伊藤教授は「米国での気温測定の精度に課題がある。地球全体を観測する衛星データは79年以降しかない」と観測自体の問題を指摘した。誌上では5人が主張の根拠としたデータを示し、インターネット(http://www.jser.gr.jp/)でも公開している。【田中泰義】」というようなものです。
 要するに地球は間違いなく温暖化しているが、実は最近は止まっている。そして、その原因が二酸化炭素なのか、自然現象・・・いま、よくいわれるのが太陽の活動である、そのためなのか実ははっきりしていない、ということだ。
 したがって、アメリカ人のような借金までして物を無駄に作り、消費し、使い捨てる生活はもう駄目なのは明らかだが、かといって二酸化炭素、二酸化炭素ばかり騒いで、ましてその取引権ビジネスでまたひと儲け、なんて話はまったくナンセンスなのではないか、ということである。
 実のところ、今度は太陽活動が低下していくのではないか、という説すらあり、そうなると意外なことに、またこれから10年、20年かけて温度が低下するかもしれない。
 歴史上も何度も暑くなったり寒くなったりしている。恐竜の時代には二酸化炭素だらけでものすごい高温だった。環境という点では実は温暖な地球は悪いものではない、本当は。寒冷な氷河期の地球よりずっとましなのは明らかだ。
 とにかく大騒ぎして、悲観して、ヒステリックに煽る人が多いが(それでまた氷河がとけた、白クマがかわいそう、みたいな番組が多いが)もし自然現象なら仕方ない、環境の変化で動物が滅んだり逆に繁栄したりを何億年も繰り返しているのである。どうにもならないレベルのことを人間ごときの力でなんとかできると思い込むのはむじろ傲慢である。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年1月10日 (土)

かなり寒い冬。

「ドイツ南部ニュルンベルクの動物園で仏頂面を見せるサル。同国は100年に一度の厳冬に見舞われており、南部の山間部では氷点下34・6度を記録した」などと通信社の記事を見ました。ドイツでも南部は割と温かいはずですが、マイナス34度じゃロシアなみですな。そりゃ、天然ガスの停止問題で困るわけです・・・。
 今年の冬は、どこからも暖冬という声は聞こえてこない。日本でも、まあ厳冬ではないと思うが少なくとも暖冬ではない、というところでしょう。とにかく、なにもかも一直線に温暖化するというようなのは単なる思い込みだと思う。
 ◆  ◆  ◆
 ある画家の先生から年賀状を頂いたのですが・・・なんと手描き。小雪の中、荷物を運ぶ牛と、それを宰領する人の姿が日本画タッチで見事に描かれ、絵具で散らした雪まで吹いてある・・・これを全員に手書きで? さすがです先生。プロの方は違う・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

障子の張り替え。

平成廿十一年も・・・いや、廿一年も一週間が経過しました。それにしても、俺は本当はちゃんと習字もできるんだ、と言いたかったのにまたしくじるんだから本当に教養がない人なんですね。周りの人もぜんぜんしっかりしてないんだろうし。それはまあいいとして、明日は関東でも雪だ雪だ、と騒いでいますが本当だろうか。もうちょっと積もるとぜんぜんダメなんで、このあたりって。
 そういえば、ふと先日行ったホームセンターで、障子用の紙を見つけて出来ごころで購入しました。で、今頃になって家の中の障子を全部張り替えました。本当は年末にやるべきことでしょうが。
 最近のは、アイロンで加熱して貼り付けるんですね。糊は無用。まあ、よく見るとしわが寄ったりしてますが、こんなもんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

福袋。

ということで、今年もよろしくお願い申し上げます。私は今日から出勤でございますが・・・とにかく、大晦日、元旦、二日と休めましたのがラッキーでございました。まあ、なんとか世間並みな気分でございます。
 そういえば遅ればせですが、暮れのコミックマーケットでは妻うかがいましたが、年来の知人にご挨拶できてよかった、とのこと。お世話になった皆様、ありがとうございました。今回のコミケは大過なく無事にできたようですね。物騒なことも多いこの頃、なによりです。
 ◆  ◆  ◆
 大晦日は舞浜に用事があって(お節料理を取りに行っただけですが)まいりましたが、すごいですね。年末カウントダウンの人の波。やっぱりここだけは、パワフルですね。
 で、紅白歌合戦が終わったあたりで近所の神社に行きました。よく、元日終夜運行の電車で帰宅してから(こういう日は、私は車なんて使いません)初詣に行くことも多いのですが、今年は12時からお参りできました。
 元日に再び舞浜に行き福袋など買いましたが、あるお店のもの、帰宅して中を見たら子供向けで、小さすぎて頭に入らない帽子とか、笑ってしまいました。
 で、二日は丸ビル、新丸ビル、大丸などをめぐりまして、昨年同様、大丸の肌着コーナーで紳士物下着の詰め合わせを二袋、購入。これがいいんですよね。なかなかいいものが3000円で5枚買える。お値打ちです。それから、妻も恒例、大丸の福袋を買っていましたが、思った通りのもの、案に相違するもの・・・しかしこれが福袋の面白さなんで。あとは通りすがりのバナナリパブリックでベストを一枚。半額だったので購入。
 ま、こんな感じで私の正月は終わりました。
 今日から会社の仕事も、自分の仕事もありますが、なにとぞよろしくお願いいたします。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »