« レッドクリフ partⅠ | トップページ | ウォーリー »

2008年11月28日 (金)

タキザワシゲル・モデル

 先日ですが、ウチの会社も苦しいながら(いずこも同じです)ボーナスは出るようなので、意を決しまして(?)銀座、虎屋ビルのサローネ・オンダータでタキザワシゲル・モデルのスーツというのを頼みに行きました。 ちょっと別の用事があったので妻も同道いたしましたが、この妻というのがイラストレーターですしいろいろ、軍服姿の男の絵など描いてもらっているので、かなり女性として「目が高い」と思うんですが、積んである生地の山を見て「あれがいい」と選び出したのがヴィンテージの英国製の生地。ハダースフィールドのThornton Johnという会社のものらしい。今時はない感じの渋い雰囲気の生地です。いいねえ、それ、ということで、お店の林さんも「お目が高い」と仰るのでそれで即決。いわゆる「有名ブランド」にまったく興味がない私としては満足です・・・後で調べると確かにソーントン・ジョンという会社がハダースフィールドにあるようですが、もちろんサイトもなく、詳細は不明。おそらく80年代ごろの生地じゃないか、というのですがよく分かりません。とにかく当節のしゃらしゃらした生地とは違う感じです。 

 で、このところメンズEXなどで見かけた新タキザワ・モデルにしてもらうことにいたしました。つまり襟が三角形にとがっていて、ぐっと腰も絞れたなかなかに鋭いシェイプのものです。 ゲージ服を着て測るのですけれど、これがもう徹底的にやってもらいました。なんとまあ、3時間もお邪魔してしまいました、はい。これほど丁寧に測ってもらったのは初めてじゃないかしら。実に嬉しいですね。 

 3週間ほどでできるとのこと。これは楽しみです。

|

« レッドクリフ partⅠ | トップページ | ウォーリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/43252922

この記事へのトラックバック一覧です: タキザワシゲル・モデル:

« レッドクリフ partⅠ | トップページ | ウォーリー »