« ジミー・ペイジ氏と北京五輪終幕 | トップページ | ハンコック »

2008年8月31日 (日)

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

さて、子供たちも夏休みはおしまい。これだけ大雨が降っているのになぜか四国のダムは水がない。そしてアメリカではハリケーン、と。いろいろあります・・・。
 ◆  ◆  ◆
 ところで映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」を見てきました。ジェット・リーの新作でもありますが、これまで良質な娯楽作品としての水準を保ってきたこのシリーズ、いかがになったかというと・・・大丈夫、今回も面白いですね。
 非常に簡単に言うと、前作までのヒーローとヒロイン夫婦の子供が大学生になった16年後、第二次大戦直後のこと。その息子が中国で古代の皇帝のミイラと兵馬俑の軍団を掘り出してしまいます。で、後はお定まり・・・。例によってミイラが復活し、大騒動に、であります。
 まあいうことはないのですが、まずジェット・リーがCG処理でいろいろ化けるのはもったいないですね。だって生身の本人が一番強いのに。それからレイチェル・ワイズが降りちゃったのはやっぱりかなりがっかり。彼女の魅力で持ってきた部分が大きいと思うのですが、このシリーズ。アカデミー賞女優を引っ張るのは難しかったかしら。
 ところが脇役の中国勢が断然よくて、皇帝以外にも20世紀の中国軍閥の将軍が非常にいいです。おまけにその副官の女性士官が大変いいです。この人、役名も女優さんの名前もわからないのですが、実はいちばんかっこよかったんですけど。なんかこの人たちでスピンオフでもつくってほしい。
 全体的には、冒頭の皇帝のストーリー・・・明らかに秦の始皇帝がモデルですが、ここが面白い。圧倒的によくできている。前振りというボリュームじゃなくて、ちょっとした歴史映画になっている。ああ、このへんでもスピンオフもいいかも。
 それから、夫婦は第二次大戦中もいろいろ英国政府に協力してスパイ活動などしていたようですが、そこを描いてほしいんですけどね、むしろ。こっちもスピンオフを作ってほしいんですけど、できればレイチェル・ワイズで。
 いえねえ、前にも「スコーピオン・キング」というスピンオフがあって、それが面白かったからいうんですけどね。
 どうも次作は南米で、という伏線を張りたいようですが、ま、南米もミイラの宝庫ですから作れるでしょうけど、どうなりますか。とにかう娯楽作品としては満点、いいと思いました。

|

« ジミー・ペイジ氏と北京五輪終幕 | トップページ | ハンコック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/42341778

この記事へのトラックバック一覧です: ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝:

« ジミー・ペイジ氏と北京五輪終幕 | トップページ | ハンコック »