« 伊豆・ペンション・クノッソス、アンディランドなど | トップページ | 映画「ドラゴン・キングダム」 »

2008年7月 5日 (土)

今更ながら光過敏?

ポケモンショック、という言葉をご存じでしょうか。今となっては旧聞ですし、ポケットモンスターも昔のような猫も杓子もという人気はないようですが、1997年12月、テレビ東京で放送したアニメ、ポケットモンスターの「でんのうせんしポリゴン」の回で、それを見ていた子供などが光過敏で吐き気やめまいを起こし、病院に駆け込むという騒ぎになった、という話です。ほぼ10年前、当時の子供さんもそろそろ大人になっていらっしゃると思いますが。
 私は当時、30代に入ったばかりでしたが、少し前からどうしたものかアニメのポケモンを見ていて、この「ポリゴン」の回も見ました。赤と青の明滅が激しくあるシーンが確かに多かったと思いますが、何事もありませんでした。
 それで、後で聞けば、この騒動がきっかけでかえってポケモンの注目度がいや増し、世紀の変わり目ごろには国民的、さらには世界的なヒットとなったそうですから、どういうものも乗り越えるべきハードルというか、試練というものがあるのかもしれません。ま、その話はそれとして。
 ところでゆうべのことですが、私は最近、購入したPS3の新しいゲームをやっておりました。ま、少し前に書いたように、近頃はやるにしても初代PSのものばかりやっていて、しかしさすがに32ビット機のころのゲーム、まさにポケモンショックのころの、3Dポリゴンを使っていればすごい、といわれたころのゲームでPS3をやるのはあまりにもったいない、というのもあり、久々に比較的新作を買ったんですが・・・。
 で、問題はそのゲームにはないと思うので、なんというタイトルか書きません、しかしその中のミニゲームで、いわゆるリズムゲーム系のもの、音楽に合わせて○ボタン、△ボタンや□ボタンをうまく押すとクリア、というものでしたが・・・これをやっていて、なにしろ緑色の△と、ピンク色の□をじっと見つめていたら、ふらふらめまいがしてきました。
 それどころじゃない、だんだん立っていられなくなり、吐き気がして、ちょうど子供のころに車酔いしたような感じに。最初は単なる3D酔い、つまりあまりに最近のゲームの立体表現が良くできているために、自分がここにいるのかゲームの中にいるのか分からなくなり三半規管が混乱してめまいが起こる、というものかと思いましたが、だいたいこんなのは目を離せばすぐに直ります。車酔いが車から降りればまもなく治るのと同じ。しかし、今回はひどいんですね。一晩寝て、次の日になってもまるで「二日酔い」のような感じがのこっているんですが、確かに、酒を飲んでいないのに酔っているような感じにも近い。
 これ、やられたんでしょうね。光過敏というの。子供はじっとアニメを見つめるからなりやすい、といいますが、大人もゲームをクリアしようとするとじっと見つめてしまう。それにあのPSのボタンはご存じのように緑、赤、ピンク。それが画面に出てきて、あまりにそれの光ったり消えたりばかりみつめていると、補色ですからおかしくなる可能性があるわけですが・・・いや、参りました。かなり苦しいです。なるほど、これで10年前にも騒いだのか、と今更ながら思いました。
 あんまり真剣にゲームなどやらなきゃいいわけですが、いい年をして不覚でした。

|

« 伊豆・ペンション・クノッソス、アンディランドなど | トップページ | 映画「ドラゴン・キングダム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/41743247

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら光過敏?:

« 伊豆・ペンション・クノッソス、アンディランドなど | トップページ | 映画「ドラゴン・キングダム」 »