« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

養老渓谷「粋なやど 十万石」と「市原ぞうの国」

先日ですが、公休を利用して一泊二日で養老渓谷に行ってきました。はて? 養老渓谷なら秋だろう、と思う方が多いでしょうが、いいんです、梅雨時のウイークデイにあえて行くのがいいんです。
 私は宿直明けの会社から東京駅八重洲口に出て、妻と待ち合わせ。ここから高速バスで羽田空港―海底トンネルー海ほたるからアクアラインを経て房総半島・金田海岸へ。さらに市原を経て大多喜町へ。2時間ほどかかりましたがあっという間でした。
 バス停のある大多喜町ショッピングセンターの「オリブ」に「粋なやど ホテル十万石」の車が来ていました。さっそく宿に直行。
 梅雨時のウイークデイですからほかのお客さんはほとんどいません。これ当然。しかしまったく手を抜くことないVIP待遇をしていただいて感激。和洋折衷の料理に大満足。中でもカツオのカルパッチョは絶品でした。近くの休耕田まで連れて行っていただきホタルの観賞もしました。いるんですね、このへんにはホタル。
 温泉はほぼ貸し切り状態。夫婦で思い切り満喫いたしました。
 で、翌日は心づくしのコーヒーをいただいてから、小湊鉄道の養老渓谷駅へ。
 久しぶりですねえ・・・単線の気動車なんて。やってきたのは一両きりの編成のディーゼルカー。そして20分ほどゆられてついたのが高滝駅。ここは無人で車掌さんに切符を渡します。
 ここでしばし待つと、予定通り「市原ぞうの国」の迎えの車が来ました。ぞうの国は、日本でも唯一のぞうを中心にした動物園です。サーカスを引退したり、動物園が廃園になったり、という場合に困ってしまうのがゾウさんの扱い。もともと年老いたゾウをタイに里帰りさせたら地元メディアから「日本人は年老いたゾウを捨てにきた」とたたかれた、という事実があって、それならば行き先のないゾウたちを引き取ってしっかり保護する施設を・・・という発想からできたのがこのぞうの国だそうです。
 しかし、実際に行きますとゾウ以外にもいろいろおります。プレリードッグ、馬、牛、トラ、ジャガー、ライオン、クマ、エミュー、ダチョウ、ペリカン、ペンギン……実は一通りなんでもそろっている。じっくり見ていきますと本当に楽しめます。
 ここの場合、園が用意したエサをバケツに入れて持ち歩き、動物たちに与えることができます。が、私たちは入り口近くに陣取るキリンにほとんど最初のバケツを全部、食われてしまいました。あの巨体で「もっとくれ、くれ」と首をのばして迫られますと、ちょっと断れません・・・。
 ゾウたちはいちばん高い所に集まっています。で、一日2回の「ぞうさんショー」になると十頭ほどのゾウが隊列を組んで山を下りてきますが、圧巻です。
 ショーは30分ほど、さまざまな曲芸をしたり、絵を描いて見せたり、お金を渡すとぬいぐるみを鼻で渡してくれたり・・・最後はゾウの背中に乗れる「ぞうさんライド」。なんだかんだいって私どもは夫婦そろって乗ってみました。揺れますが、乗馬と同じでゾウの歩行に合わせて自分の腹筋でコントロールすれば難しいものではありません。なにしろ二階建てほどの高さですが、私はいい気持で「ハンニバルもかくや」と思っておりました。
 その後、高滝駅に戻って鉄道で五井、千葉と経て帰宅。
 旅行というほどでもないですが、一泊二日でこれほどリラックスできるとは。観光シーズンに外れた企画もいいですね。今年は梅雨といっても関東はそんなに降っていませんし、あまり暑くもありませんし。というか日によってはうすら寒いんですけど・・・。
 東京メトロ東西線に乗ったとたん、私がいらいらした表情で「もう、前の人、歩くのが遅い」とつぶやいたら妻が言いました。「二日間、珍しくのんびりしていたのに、いつものあなたに戻ったね」と。都会のストレスで自分はそんなにぴりぴりしているのか、はっとさせられました。歩くスピードも養老渓谷では遅かったそうです。そりゃ急いでも仕方ないですからね。たまにはいいですね、こういうのも。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

リプセットの秋冬新作・浦安三社祭り

 久々に丸の内のリプセットに行きました。実はM16の村松代表に私の著書『スーツ=軍服!?』を贈呈したところ、内見会においで、とのご招待。前からリプセットさんではいくつか買わせていただいていますので・・・で、今日、うかがいました。  おもしろいものがいろいろありましたよ。ものすごく軽いジャケットに、細かいタータンチェックのベスト、なんと同じ生地のシャツもあって、村松さんに依れば「このシャツとベストを合わせて、これでグレーのスラックス、足下は革底のいい靴、なんてかっこいいと思いますよ」。うん、たしかにそれはかっこいい。正体不明の大人、という感じでしょうか。全体にこちらの商品はそうですよね、私は好きです。バラクータの古いトレンチコートをモデルにしたトレンチもいい感じ。あれはなかなかいいですねえ。「今時風の細く仕上げないで、昔のだっぷりしたままの作り」を再現したのだそうです。これも余裕があったら欲しい。ただまあ、けっこう単価はそれなりなのでなかなか買えないんですけどすみません。いやあ・・・言うまでもなく秋冬なんですけどね、物は。東京はこのところ涼しいもので、今日は久しぶりに暑いのですが・・・冬場の商品、さすがに暑く見えます。  しかし、次の秋冬もこれは面白そうですよ。丸の内なんてありとあらゆるブランド、セレクトショップがひしめいていますが、リプセットは「ここにしかない」感じがありますね。私は好きです。  ◆   ◆   ◆  政局が色々・・・ですが、私は知りません(笑)。来年の秋まで総選挙はないと思いこんでおります、はい。いや、別に政権与党にずっと頑張って欲しいなんて思っていません。ただ、私が夏休みを取り終えるまでは何事もありませんように・・・。個人的都合だけです、はい。今年も早めにとるつもりです。  ◆   ◆   ◆  実は今日の夕方から、浦安では「三社祭」というのをやります。神田の三社祭にならったものだと思いますが、市内の三つの神社の御輿がせいぞろいします。これがなかなか、非常に盛大な物です。三つの神社周辺にはものすごい数の屋台がでます。我が家で飼っている最初の金魚は前回の祭りの金魚すくいでとってきたものです。4年たって、その金魚ははじめの4センチぐらいから、もう30センチにもなってフナみたいになっております。旧市街地の家では手伝ったり、寄付をするのはほぼ当然の義務となっております。4年に一度、五輪や米大統領選の年にやることになっています。ディズニーランドの浦安とはまた違う、古い浦安の魅力が味わえると思います。お近くの方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 1日 (日)

睡眠不足と「味の素グリナ」、それからトム・クルーズ「ワルキューレ」の話題。

 6月に入りました。自衛隊機がどうのこうの、という話がありました。どうしても関係する文脈では「戦後初」という言葉を入れたい、という意向がこれにかかわるあたりであったらしく、しかし自衛隊なんて戦後に出来たものだから、なにをしても戦後初なのは当たり前ですよね? なんなら「日本軍、のようなものを中国に戦後初派遣」とかすべきだったのでしょう。 そういえばクラスター爆弾の話もありました。あれ、日本のような専守防衛の国にはいい兵器・・・いい兵器という言い方はないでしょうが効率のいい兵器でした。しかし周辺国、つまり米中露韓朝の各国はあの爆弾を廃止しないので、日本としては本当にあれでいいのか、という声が防衛筋ではあるようであります。 

◆   ◆   ◆  

 さいきんは論評をあんまりしません。面倒くさいからです。どうせ世の中十人十色、波長の合わない人に無理に合わせる必要を感じないのです、近ごろ。 それから批判、中傷、悪口を基本的に書きません。嫌いなものなんて政治家にも芸能人にも世の中のあらゆるものにも無数にありますが、そういうものについて書きません。無駄な努力はしないことにしました。 ブログなんて所詮そんなもんでしょう。 

◆   ◆   ◆  

 近ごろ、グリナという味の素の製品をのんでおります。

http://www.ajinomoto-ff.com/glyna/index.asp?p=fl012879aw  とにかく、ほとんどの日は夜勤で明け方まで仕事なんですが、週に1回は朝出勤、また週に1回は宿直勤務です。普通の人と生活リズムが6時間ほどずれているのに、週に2日は普通の人と同じような時間で動かないと行けません。これ、ほぼ毎週、海外旅行をしているようなものです。時差がきつい。いつも朝の8時に起きている人に、無理矢理に夕方の6、7時ごろに就寝して、深夜2時に起きてすぐに仕事をするように強要するのと同じことです。 当然、慢性的な寝不足で頭の芯が疲労しております。たとえ就寝してもいつもより6時間ずれていては眠れるわけがありません。 それで上記の製品を試してみました。個人差があるようですが、私には非常に効くようです。これは睡眠薬じゃありません。実際、睡眠薬で無理に寝ても寝覚めは非常に悪いものです。グリナは眠くなる訳じゃなく、快眠したときと同じような疲労物質の分解をしてくれるアミノ酸が入っているようです。だから、必ずしも睡眠できるわけではない。それでも、確かにすっきりしまして、頭の重さがとれている。だから1、2時間、眠っただけで無理に起きても仕事が出来る。こいつはいいです。海外ビジネスが多い人に愛用者が多いとも聞きますが納得です。

◆   ◆   ◆

 ところで、トム・クルーズって最近、あまり聞きませんが、間もなく映画「ワルキューレ」公開なんですってね。いろいろ事情があって延期が続いているみたいですが。彼がシュタウフェンベルク大佐? もっとも写真を見るとなかなかよく似合っている、というか本物がかなりハンサムですから。しかし確か、かつてはクルーズと並んで人気のあったチャーリー・シーンがテレビ映画でシュタウフェンベルクをやっています。まあ、欧米の俳優が気兼ねなくドイツ軍人を演じるとなると、ヒトラー暗殺を企てたシュタウフェンベルクぐらいしか役がないのでしょうけど。でも、ドイツ映画でも「オペレーション・ワルキューレ」とかありますし、古いドイツ映画でもこの事件は何度も取り上げてるし。やっぱりドイツ語じゃないと変だと感じますけど、どうせ英語なんでしょうしね。写真を見る限り、クルーズのシュタウフェンベルクは参謀用の線の入った乗馬ズボン、襟章はどうかな? ちゃんと参謀用の襟章なんだろうか、よく見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »