« スパイダーウィックの謎 | トップページ | 睡眠不足と「味の素グリナ」、それからトム・クルーズ「ワルキューレ」の話題。 »

2008年5月23日 (金)

ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛

 「ナルニア国物語 第二章 カスピアン王子の角笛」を見て参りました。話題作の第二弾です・・・見終わっての感想を言いますと「なんか、すごい戦争映画になっちゃったな」と。これは悪い意味じゃありません。よくまあかくも立派な活劇に仕立てたものと感心しました。

 といいますのも、実は原作のほうはけっこう地味というか、読んでみるとシリーズの中ではやや、盛り上がらない感じといえばいえるんです。これ、「指輪物語」でも緊迫感ある第一部、クライマックスの第三部と引き比べて、ガンダルフが行方不明になっている間の第二部がちょっと間延びしている、のと似ているかもしれません。また、原作の展開が、本筋の大事なところを登場人物の回想、会話で処理している部分が多いところもちょっと似ています。映画でもロード・オブ・ザ・リングの第二部はいまいち話題にならなかったですよね。なにしろサルーマン軍の壊滅のくだりは原作じゃ、全部、回顧談に出てくるだけという有り様ですから。

 さてそれで、今回のナルニア第二部もそんなところがあって、原作では、久々にナルニア国に舞い戻ったペベンシー兄妹が「おや、ここは昔我々が暮らしたケア・パラベルの城の廃墟だ!」と気が付くまでに相当なページが割かれますし、その後も、捕虜になっていた小人から一部始終か語られるのですが、その中でカスピアン王子の話もあかされる、といった展開。けっこう読んでいてまだるっこい。そしてこの話、全体に何か牧歌的。

 なんでもC・S・ルイスは第一部だけ単発の予定だったが、好評につき第二部以後を書き足したそうで、あとで全部をつなげるとなんとなく一部が浮いている感じがするのもそのため。で、第二部は以後の展開のためのつなぎ的な役目を負ったんですね。

 そういう訳なので、映画化に当たっては原作そのままだとけっこう冴えないことになりかねない、という部分でかなり苦心しています。しかし、後で読み返してみると、確かに大筋としては映画に出てくる通りなので、決していい加減にオリジナルをいじくっていることもなく、なかなか巧妙だと思います。というか、「ああ、つまりこういう話なんだな」と映画を見て見直したような感じ。

 とにかく非常にシビアな戦争シーン満載の娯楽作品に仕上がっております。ファンタジーと言うより中世の合戦映画もののよう。ベン・バーンズ演じるカスピアンは、話の筋からいってちょっと頼りない人物、ということなので、前宣伝のイメージに比べて案外、活躍しない気がします。しかし、この人物は次の第三部のほうが本当の主人公なんでこんなものでしょう。4兄妹は前作同様の熱演ですが、上の二人、ピーターとスーザンがこれで引退なのが残念・・・。どうなんでしょう、ちゃんと原作通りに映画化するなら、ピーターは最後の弟7部でまた登場するはずなんですが、ちょっと役者としては間があきすぎになりはしないかな、と。そして、スーザンは本当に二度と行かない、わけですね。

 原作では話題しか出てこないティルダ・スウィントンの魔女がちょっとだけ出てくるのも、うれしいサービス。この人も、むしろ後の章でまた出てくるはずなんですが・・・。

 

|

« スパイダーウィックの謎 | トップページ | 睡眠不足と「味の素グリナ」、それからトム・クルーズ「ワルキューレ」の話題。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/41294509

この記事へのトラックバック一覧です: ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛:

» カスピアン王子 [ゆうの日記]
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 日経トレンディネット第2章となる... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 15時44分

« スパイダーウィックの謎 | トップページ | 睡眠不足と「味の素グリナ」、それからトム・クルーズ「ワルキューレ」の話題。 »