« 本を出版する方法 | トップページ | ミリタリークラシックスにも書評 »

2008年4月29日 (火)

モデルアート様、マスターモデラー様で紹介

私の新刊「スーツ=軍服!?」で続報です。今日たまたま書店で雑誌を眺めていて発見しました。http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32035383

ひとつは「マスターモデラーvol58」(芸文社)99ページの「おすすめ新刊」コーナーで。「スーツ・ファッションはミリタリー・ファッションの末裔だった、とのキャッチコピーどおり、本書は現在一般的となっているファッションのデザインの中には軍服を起源としているものが多いということをわかりやすく紹介。トレンチコート=イギリス軍の塹壕用野戦コート、などよく知られているものから、かなりマニアックなものまで多種多様なファッション例が記載されている。著者はファッションのみならず、軍服、戦史などミリタリー全般にも詳しい方なので、ミリタリーに詳しい方も(もちろんそうでない方も)安心して読むことができる。

もうひとつ、「モデルアート」6月号(モデルアート社)124ページの「ブックレビュー」。「戦史および服飾史の研究家である著者が、スーツをはじめとする身に着ける諸々についての蘊蓄を傾ける。トレンチコートが塹壕戦に由来することは、ミリタリーファンには比較的知られているが、他にも中世から現在までの、数々の軍服の歴史が綴られる。対象は勲章、靴、鞄、帽子、腕時計など多岐にわたる。多数収録されているイラストは、イラストレーターである著者の奥さんによるもの。284ページ」。

どちらも私がいつも愛読させていただいている模型専門誌。こういう編集部から紹介していただけるのはまことに光栄です。

|

« 本を出版する方法 | トップページ | ミリタリークラシックスにも書評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/41037332

この記事へのトラックバック一覧です: モデルアート様、マスターモデラー様で紹介:

« 本を出版する方法 | トップページ | ミリタリークラシックスにも書評 »