« 映画「ベオウルフ」:ヘリコプター初体験 | トップページ | アイ・アム・レジェンド »

2007年12月23日 (日)

あれこれのこと。

 天皇誕生日である。ついでにいえばうちの母親の誕生日でもある。なんでも陛下が近頃の報道、というのはおそらく女性月刊誌などのいい加減な報道のことなのだろうが、そしてその内容というのは専ら皇太子ご一家との不仲、といったものだが、異例の不快感を示されたとのことである。
 まあいい加減な憶測で書かれた記事が多すぎて、ほとんど芸能人相手のゴシップ記事のような内容ばかりなのをさすがに怒っておられるのだと思う。
 いや、本当に個人的な意見を述べることはまずないはずの方が、こういうことを仰るのは珍しいことである。
 ◆  ◆  ◆
 昨日辺りからこんな話が出回っている。つまり、「講談社の漫画雑誌「週刊少年マガジン増刊 マガジンドラゴン」(1月11日増刊号)に掲載した漫画作品に盗用があったとして、同誌編集部はおわびを21日付でホームページに掲載した。問題となったのは、豪村中(たけむら・あたる)さんの雑誌デビュー作品「メガバカ」。同誌編集部が、読者から複数の漫画作品の盗用をしていると指摘を受け、調べたところ、豪村さん本人が認めたという。インターネット上では、人気漫画「デスノート」などとの類似が指摘されていた」(読売)とうのだが、しかし審査した人たちは気が付かなかったのだろうか。
 模倣から勉強するのは当たり前で、コミケなどいってみれば模倣、パロディー黙認の世界である。それはプロの作家や出版社から見ても、ある程度の模倣は新人育成に必要と理解しているからである。が、コミケの作品ならそれでいいが、商業誌に載るとなると話は別問題で、この作者は自分の作品がここまで勝ち残ることを想定していなかったのかもしれない。
 ◆  ◆  ◆
 福田首相が「政治決断」とやらを遅まきながらするとかしないとか、聞こえてきた。
 まあ詳しいことを知らないが、たとえば小泉首相の政権があれだけ人気を得たのも、そのきっかけは思い起こせばハンセン病救済の政治決断だった。あれと、その後の北朝鮮問題であの政権は求心力を上げて、その後の郵政選挙につながったわけだ。
 福田政権がいつまで続くのか知らないが、このぐらいは何とかしてはどうかとは思う。

|

« 映画「ベオウルフ」:ヘリコプター初体験 | トップページ | アイ・アム・レジェンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/17453420

この記事へのトラックバック一覧です: あれこれのこと。:

« 映画「ベオウルフ」:ヘリコプター初体験 | トップページ | アイ・アム・レジェンド »