« よしなしごと | トップページ | 映画「スターダスト」 »

2007年10月24日 (水)

映画「ヘアスプレー」

 映画「ヘアスプレー」を見てきました。元々はカルト的人気を誇った映画があり、それを元にしたミュージカルを作ったところ大ヒットしてエミー賞受賞、そこでその劇場版を再び映画にした「凱旋映画」ということで、「プロデューサーズ」とよく似た経過を辿った作品です。
 あらすじを簡単に述べれば、ときは1962年、黒人公民権運動が盛り上がりつつある米メリーランド州ボルチモアが舞台。古き良きアメリカの最後の黄金の日々、という時期です。この後、ベトナム戦争の泥沼に入っていくわけですが・・・。
 で、ボルチモアの一人の少女トレーシーは、大人気のダンスとヒット曲を紹介するテレビ番組に夢中なわけです。やがてはこの番組に出演して、やがては映画スターに、と夢を膨らませるわけです。歌もダンスも自信ありで、実力は申し分なし。でも一つだけ難点あり。彼女は背が低くておデブ。彼女は白人ではあるけど、デブと言うことでやっぱりマイノリティー扱いなわけ。すくなくとも、芸能界デビューには難あり、なんですね。
 が、持ち前の楽天的性格と、何者も差別しない公平さからぐんぐんと人生を切り開いていくわけ。そして、司会者のコニーの目に留まり、めでたくテレビ・デビュー。当然ながら絵に描いたような古くさい差別主義者(なんとミシェル・ファイファーが熱演)のイジメなんかがある中もどんどん人気上昇。折りから、テレビ番組では当時月1回だけの「ブラック・デー」(黒人の日)が打ちきりとなる。さて、人種差別に怒ったトレーシーたちは立ち上がるわけですが・・・。ということで、ネアカで面白く楽しく、なんですがアメリカの社会が抱える非常に重いテーマもしっかり描いている作品であります。
 いやもう、難しい話は抜きにして面白いですわ。話題となったジョン・トラボルタの女装は掛け値なしにすばらしいです。ものすごい存在感ですね。それと旦那さんの愛のあるシーンは感動的です。
 音楽も見事。上手に50~60年代ロックンロールのエッセンスを取り込んでおります。
 トレーシー役の人は新人ですが、なにしろ歌えて踊れてかわいくて、しかしデブじゃないといけない、という要素にここまではまっているのはすごい。そして歌唱力たるや半端じゃなく見事であります。冒頭からなんとも見事な響きの声だな、と久しぶりに思いましたです。
 ロックンロールというのはなんであったのか、そしてレイ・チャールズとかエルビス・プレスリーとか草創期の人たちがなんで苦労したのか、わずか40年ほど前の状況なのにこんなんだったのか、と若い世代など衝撃を受けること請け合いであります。
 今時のヒップホップなんてのもこういうものの延長であると分かるわけであります。そして、味噌も糞も一緒になってしまった世界一生ぬるい国ニホンの人間にはなんでロックにしろヒップホップにしろ、表面的な理解しかできないのか、というのも分かる映画でありますね。
 いやあ2時間10分一瞬も抜かりなし。すかっとする映画です。爽快です。

|

« よしなしごと | トップページ | 映画「スターダスト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/16860229

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ヘアスプレー」:

« よしなしごと | トップページ | 映画「スターダスト」 »