« パイレーツ・オブ・カリビアン3 アット・ワールズ・エンド | トップページ | 映画「アポカリプト」 »

2007年6月12日 (火)

映画「300」(スリー・ハンドレッド)

映画「300」(スリー・ハンドレッド)見てまいりました。いやあ、驚きました。これはガチンコの歴史大作。「シン・シティ」のフランク・ミラー原作のコミックが下敷きと聞いて、またシン・シティのようなケレンミたっぷりの、ちょっと現実離れしたようなファンタジーかしら、と思ったらとんでもない、正統派の史劇なのには驚いてしまいました。
 紀元前480年、ヨーロッパ侵攻を企てたペルシャ帝国の大軍その数なんと200万人。対するはわずか300人のスパルタ兵。率いるのはスパルタ王レオニダス。普通に考えれば問題にも何にもならないのだが、レオニダスには一計があった。切り立った断崖を通る細い山道を通らないと海岸から平地に出られない地形。ここでは、大軍のメリットはなく、精鋭300人が陣取れば十分に持久できるはず・・・。
 そして、200万の大軍はついに、欧州侵攻を断念、ペルシャ王クセルクセスは撤退を余儀なくされるという、戦史に名高いテルモピュライの戦いを描いております。
 史実なのでありますから、勝手に変えられることは限られます。
 そのなかで、ジェラルド・バトラーのレオニダスは骨太で見事です。オペラ座の怪人の彼ですが、存在感ありますね。
 王妃を演じているのはヘナ・レディー。こちらも王の留守を守って捨て身の戦いを展開しますが見てのお楽しみ。
 それにしても、もうちょっと漫画っぽいのかしらと思ったのだが、本当に硬派な歴史劇であります。
 ペルシャ人は長ズボンで、スパルタ側は裸同然。このころは長ズボンをはくのはアジア人でヨーロッパ人は裸だったんですな、服飾史的にも。
 非常に濃密な世界で、ハードです。戦闘シーンも計算されつくしております。
 娯楽作品ですが、相当な手ごたえ、と思いました。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン3 アット・ワールズ・エンド | トップページ | 映画「アポカリプト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/15408436

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「300」(スリー・ハンドレッド):

« パイレーツ・オブ・カリビアン3 アット・ワールズ・エンド | トップページ | 映画「アポカリプト」 »