« ビリーズ・ブートキャンプ | トップページ | 映画「300」(スリー・ハンドレッド) »

2007年5月31日 (木)

パイレーツ・オブ・カリビアン3 アット・ワールズ・エンド

 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの最新作「アト・ワールズ・エンド」を見てまいりました。「世界の果て」というものものしい副題どおり、はっきりいってこれまでの痛快娯楽作品という色彩から、なんだかけっこう壮大な、そして最後はなんだかロード・オブ・ザ・リングのエンディングすら思い出させる、ちょっと物悲しいような幕切れには驚かされます・・・。
 物語は、前作「デッドマンズ・チェスト」でクラーケンに呑み込まれ、この世をさってしまったジャック・スパローと、それから前作のラストで唐突に復活した、一作目の悪役バルボッサがどうなるのか、というところから始まります。して、前作で失業者にまで落ちぶれていたノリントン代将が晴れてアドミラル(提督)に昇進、というのも前作で海の悪魔デビー・ジョーンズの心臓をいれた「デッドマンズ・チェスト」をまんまと手に入れ、ジョーンズの幽霊船フライング・ダッチマン号を見事、英海軍の支配下に収めてしまった手柄を評価されてのことであります。
 ということで、幽霊船まで手なずけて海洋支配を完成させようと目論む悪辣なベケット卿と、それに追い出されていく海賊たちの最後の戦いが迫っていく・・・のであります。
 で、なんとなくここまで引き伸ばしになっている、ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)とエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)の恋の行方はいかに。これもまた、なかなか思うに任せず意外な結末に至るんですが。
 それからまた、二作目から登場の人物、ただのチョイ役かと思っていたら、その後のお話では大変なキーを握る人物だったりして、このへんも見てのお楽しみ。とにかく、なかなか前二作のテイストとは違って、能天気なギャグ映画じゃなくなっております。
 チョウ・ヨンファ演じるシンガポールの海賊もよいですが、こっちは案外に・・・まあ、いいでしょう。
 海戦シーンが今までになく壮烈、帆船時代の砲撃戦の模様を髣髴させるという意味では、ガチンコ勝負だった「マスター・アンド・コマンダー」なんかよりよっぽど上。こいつは油断できません、海洋ものファンや艦船マニアの方も必見じゃないでしょうか。
 それから、なんといっても、本当に登場するのがキ-ス・リチャーズ! あのローリング・ストーンズのギタリスト本人です。ジャック・スパローというのはそもそも、キース・リチャーズの雰囲気を真似して作り出されたキャラクター。ここに本家が登場ですから引き締まること。スパローの父親という役柄で出てくるのですが、はっきり言って共演するシーンではジョニー・デップも遠慮がちというか、かすんでいます。しかもカメオ出演、といいながらかなり長いです。おまけにギターまで演奏してくれます。さらに前後のBGMに入っているエレキギターも彼でしょう。予想したようなちょっとした出演ではないのでファン必見。
 なにしろ3時間もの大作です。力の入り方は半端じゃなく、これまでの二作のイメージを良くも悪くも大きく裏切るというか、相当に驚かされました。今までの延長と思ってみるとかなり違うと感じる人もいるのでは。
 あるいは今回は本気でアカデミー賞狙いもあるのかしら、とも。一作目は明らかに、あれで打ち切りになってもいいような終わり方で、まったくの肩のこらないコメディーでした。それがここまで大きな話に成長するとは、二作目で予想した展開も大きく上回る大風呂敷ぶりに脱帽しました。
 ちょっとスパローの出番は少なめでしょうか。しかし全体が3時間ですから。
 見事な海洋映画でして、劇場で見ないとね、これは。
 
 

|

« ビリーズ・ブートキャンプ | トップページ | 映画「300」(スリー・ハンドレッド) »

コメント

あとエンドロール後のお楽しみもありますよね。けっこう途中で出て行く客が多かったので。私はまさかそんなシーンがあるとは知らなかったので得した気分でした。

投稿: ひふみ | 2007年5月31日 (木) 17時53分

ありがとうございます。
おお、そうそう。大事なことを書き忘れておりました。エンドロール後のシーンも必見ですね。というか、毎度かならず慌てて席を立ってしまう人がいるんですが、あれはトイレを我慢している人たちだろうか、それとも電車がない人? そこで数分、待てないような人がなんで劇場まで来るのか理解できませんです、自分など。

投稿: 辻元よしふみ | 2007年5月31日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/15267539

この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツ・オブ・カリビアン3 アット・ワールズ・エンド:

« ビリーズ・ブートキャンプ | トップページ | 映画「300」(スリー・ハンドレッド) »