« サンシャイン2057 | トップページ | たちの悪い風邪に沈む・・・。 »

2007年4月23日 (月)

「クィーン」もっと拡大公開してほしい映画

 ヘレン・ミレンがアカデミー賞主演女優賞を射止めた話題作「クィーン」・・・これがまた、14日から日比谷シャンテ・シネで単館上映していて満員盛況だったとか。で、22日より拡大ロードショーとなり・・・とはいうものの、それでもまだ私の住んでいる周辺では市川コルトンプラザ、船橋ららぽーとの二館ぐらいしかやっておらず、そういうことで船橋に出る用事があったついでにららぽーとの東宝で見て参りました。
 とにかく、女王が・・・そっくり、というのは物まね的なそっくりというわけではないのですが、しかしかなりルックスそのものも似せていますけど、それより話し方とか仕草とか、特に歩き方・・・女王様ってしゃなりしゃなり歩かれませんよね、なにしろ君主なんだから。けっこうドシドシという感じで歩く物腰なんか似ているんじゃないかな、と。それはもうヘレン・ミレンは見飽きるほど女王の映像を見て研究したとか。とにかくオファーを受けてから、恐いほどに緊張したとか・・・そりゃそうでしょう、現役の世界でも最高レベルの有名人、それもセレブじゃなくて、君主なんだから。
 日本の天皇と違って、英国女王が明確に君主であり、多くの権限と権威を担っているということを映画はきっちり描いています。「私が承認するまでは首相ではなくて、首相になられる方」と呼ばれるトニー・ブレア氏にして「強靱な人だ」と心から恐れ入ってしまうような、そんな人物。うまく描けています。
 が、その一方で、まるでそのロイヤルファミリーが普通のホームドラマのように、寝間着のままベッドから起きだしてくる様とか、テレビを見ながらフィリップ殿下や、当時健在だった女王の母上のエリザベス皇太后、チャールズ皇太子などがあっけらかんと茶の間で話すシーンなんてのは見物です。実際、こんな感じなのだろうか。
 そんなちょっとのぞき見趣味的描写があるかと思えば・・・とにかくびっくりさせられるのが、王室の「私有地」であるスコットランド・バルモラル城での描写。狩り場まで、もう女王や皇太子が自分でハンドル握ってレンジ・ローバーなど乗り回すところは驚いてしまう。そしてかっこいいなというか、自立した王室なのだな、と、それはこちらの国の皇室と比較してみてもちょっと考えられないですよね、陛下と呼ばれる人が荒れ地でバーヴァーのオイルジャケット羽織り、一人でジープ乗り回すなんてのは。
 で、川の真ん中でシャフトがおれる、というシーンがあるのですが「前のシャフトよ、私は戦時中、車の整備をしていたから分かるの」と女王が言うあたり、実際、戦時中は女王も従軍していたんですよね、そのへんもさりげなく示していて、まあただの贅沢で箱入りのお嬢さんじゃないというのがこれでもか、と出てきます。
 もう一人の主役は、トニー・ブレア。この作品の主軸であるダイアナ元妃の事故死の直前に就任した若き首相です。これがまた、そっくりさんじゃないのだがよく似ている。
 が、シェリー・ブレア夫人はこの映画を見たのだろうか。はっきりいって相当に悪い描き方になっているのですが、彼女。いくら幕引き目前とはいえまだこの首相夫妻は現役なのに・・・そのへんがまた、とても日本じゃ考えられないですね。とにかく主要人物のほとんどは健在どころか現役なのですから。
 10年前のダイアナ・フィーバーは結局なんだったのか。今では英国人も、あれは一種の欲求不満というか、集団ヒステリーのようなもの、と考えているようです。この事件で一人悪者とされた女王ですが、今冷静に見れば、パパラッチつまりマスコミが主犯であるという事実をかわすため、マスコミが必死になって悪者を女王に押しつけたわけですね。そういう構図というのが映画でも出てくるのですが、そこで一人、くせ者というかこれも一般に思われているよりずっとしたたかなのがチャールズ皇太子という人。ダイアナの死に際しては、けっこう実際に嘆いた、というところも描かれていますが、それよりも、国民のヒステリーに際して保身を考える節があるような・・・しかしこれも、単なる保身というよりも、王室そのものを護ろうという意識の表れなのでしょうね。
 非常にこう苦みがあるというか、甘ったれたお涙ちょうだい映画も近頃多い中、そんな「お涙ちょうだい」フィーバーをきっぱりとはねのける王室を描いた、いかにも英国的な骨のある一本。決して保守じゃなく、むしろ左翼寄りだという監督に脚本家、ヘレン・ミレン自身も本当はそうらしいのですが、しかし女王と君主というものの重み、というのをこう的確に描くに当たり、妙なバイアスがかかっていないのがお見事。それでも保守本流の英国人は不満に思うかも知れませんが。
 この映画も、もっと拡大公開してほしいもんですが。

|

« サンシャイン2057 | トップページ | たちの悪い風邪に沈む・・・。 »

コメント

遅ればせながら私も観てきました。
辻元さんのおっしゃるとおり、お涙ちょうだいなど敢然とはねのける王室の態度でしたね。
これもかかれていたランドローバーが良かったです。塗装といい仕様といい、クロスカントリー性能などから当然だけど軍用車両にみえてしまいます。

私もわずかに感想などかきましたので、今回もトラックバックをよろしくお願いします。

投稿: ふるゆき | 2007年4月26日 (木) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/14821571

この記事へのトラックバック一覧です: 「クィーン」もっと拡大公開してほしい映画:

» 「めぐみさん参院選直前帰国の演出で自民圧勝、謀略の筋書き」警戒せよ、先回り予告バナー貼りまくりで茶番演出を無効化しよう! [雑談日記(徒然なるままに、。)]
今日のお勧めエントリー「安倍が改憲を急ぐわけ」「疲弊する米軍 」【田中宇の国際ニ [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 10時07分

» 映画「クィーン」見てきました。 [ふるゆきホビー館]
本日、またも遠くの映画館にて「クィーン」を見てきました。 代休のおかげで普段行かないところまで遠征(?)できたものの、なぜ話題作なのにどこの劇場でも上映しているとはいかないのでしょうか。 それはともかく、たしかに遠征する価値あり、の作品でした。 1997年8月末、ダイアナ妃の事故死が伝えられたときから1週間の、エリザベス女王とブレア首相を描くこの映画、淡々としていながら最後まで見逃せない場面の連続です。 アカデミー主演女優賞だからというわけではないですが、女王を演じるヘレン・ミレンの... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 21時45分

« サンシャイン2057 | トップページ | たちの悪い風邪に沈む・・・。 »