« 映画「ナイト・ミュージアム」 | トップページ | 映画「大帝の剣」アラララララ! »

2007年3月28日 (水)

映画「ブラックブック」

 ポール・バーホーベン監督の新作「ブラックブック」を見てきました。名作だと思います。「ヒトラー最期の十二日間」を見た人とか、「暗い日曜日」が好きだ、というような人にはお勧めです、傑作サスペンス。
 そう、サスペンスなんです、ナチス時代の背景が重要な歴史物ですが、本筋は完全にサスペンス。たとえば同じようなもので、ナチス時代を背景にしつつ犯罪捜査物だった「将軍たちの夜」というのもありましたが、ああいうテイストのものです。
 とはいうもののですが、あの時代のオランダ駐留ドイツ軍、その中でも親衛隊の保安本部(SD)をメインにしている訳ですから、生なかな描写では済みません、拷問シーンも虐殺シーンもどんどん出て参ります。が、問題はそこじゃないんですね、面白いことに。
 今回の本筋は、その親衛隊SD部門の将校で私腹を肥やそうとして、ユダヤ人の金持ちを殺しては金品を略奪しているとんでもないヤツと、これと共謀して、レジスタンスのふりをしてユダヤ人に「逃亡の手引き」をするオランダ人の共犯、というのが出てくるのであります。これ、オランダ人としては歴史の恥部。また、ほかにもっと大問題として、SD責任者とお互いに終戦まで破壊工作をしないかわりに処刑をしないという取引をするレジスタンスとか、さらにレジスタンス内部にいながらSD側に内通している裏切り者の存在とか・・・が、次々と登場。
 おまけに、ナチスに荷担したオランダ人を同胞のオランダ人が戦後、どのような扱いで報いたか、というシーンがあったり・・・つまり、誰しもが戦後になるとレジスタンス活動をしていたふりをしたがるんですね、そして保身のために、親独的だった人たちを迫害するわけですが、このシーンなどでは「お前らのやっていることはナチにも劣る!」とある登場人物が切って捨てているんですが、ああいうのはオランダ人としては正視に耐えないかもしれません。
 さらに、オランダ人はおおむね他の国よりはユダヤ人に寛容だったとはいえ、それでも差別意識が強かったということを示すシーンも続々と出てきます。よくここまで、自分らにとって都合の悪いことを、オランダ人であるバーホーベン監督が製作できたな、と思います。「硫黄島」シリーズでも思いましたが、世界的に見て、少なくとも60年前の第二次大戦についてはかなり冷静に相対化して見られるような雰囲気が出てきているのじゃないか、それはおそらくイラク戦争で「正義の戦争」なんてものの化けの皮がはがれたからではないか、と思う次第です。そういう意味合いでは、日本を含めアジア地域ではまだまだこういう突き放した見方、歴史の直視が出来ていない感じがするわけでもあります。
 もちろん侵略戦争をはじめて迫害を開始したナチスが一番悪いに違いないのですが、その占領下で、私たちはかわいそうな被害者であって、正義のためにレジスタンスをしていたのです、というだけの構図では納得できない、という話が多々あるわけで、サスペンスの骨組みを借りながら、非常に硬派な内容に仕上がっているのがすごい迫力であります。
 主人公のユダヤ人女性を演じるのはオランダでは有名な女優さんだそうですが、すごいですよ、体当たり演技です。この人はナチス情報部にスパイとして潜入し、ドイツ将校に身体を売ってまで情報を得ようとする鬼気迫る役柄なんですが、とにかく立場が二転し三転し、息つく暇もなく話が進んでいきます。一体全体、誰が信用できるのか、それとも誰一人信用できないのか、本当の裏切り者は誰なのか・・・シビアな話が展開していきます。見事にその中でしぶとく強く生きていく女性を演じております。
 また、彼女をスパイと知りながら本気で愛してしまう、ナチス将校ながらこの作品の中では非常にまともな人、ムンツェSS大尉を演じているのが映画「オペレーション・ワルキューレ」でシュウタウフェンベルク役だった人。これははまり役。また、その上司のSS大将役は「ヒトラー最期の十二日間」でシェンク軍医を演じていた人です。しかしSSの服がはまって見えます(別にこういう役柄ばかりじゃないんでしょうが)。ちなみにこの映画ではSDの将校たちはグレーの制服姿。右襟の襟章は「SS」の文字がないブランク(空白)で、左袖には「SD」の菱形の記章付き、とマニア心をくすぐる立派な時代考証ぶりです。
 ほかにもいろいろな制服や当時の車両が続々と出てきます。オランダの警察やSS現地補助隊員の制服、消防警察の制服なんてのは大戦時代に興味ある人には必見でしょうね。
 それに、本物のB17やウエリントン爆撃機を使用していると思われるシーンもあり、あんなワンシーンのためにここまで凝るのか、と驚かされます。さすが制作費25億円。
 SD将校のパーティーで、全員で「ホルスト・ヴェッセル」(親衛隊歌)を合唱するシーンなんて、映画でこんなものを見られるなんてまず思わなかった、ここだけでもドイツ軍マニアは必見ものじゃなかろうか、と思います。
 とまあ、このようにかなりのマニアでも大喜びしそうですが、しかし、社会派ドラマとして重厚、またサスペンスとして何よりも煉りに練られていますので、娯楽作としても楽しめます。
 惜しむらくは公開映画館が少ないこと。私も今回はいつもの舞浜の映画館ではやっていないので、幕張まで出かけました。それも一日に三回だけ、3時台の次が9時過ぎのレイトショーというのはきつすぎ・・・これじゃ見たい人も見られないですよ、なんとかしてください! 私も12時近くになって終電で帰宅しました・・・。
 ハリウッドの有名人は出ていないし、アカデミー賞を取ってもいない作品には日本人の反応は冷たいようですが、こいつは傑作ですよ。
 

|

« 映画「ナイト・ミュージアム」 | トップページ | 映画「大帝の剣」アラララララ! »

コメント

辻元様なら「ブラック・ブック」の感想をかいていただけるのでは、と期待しておりました。
やはり「栄光のレジスタンス」などというだけでは割り切れない歴史の裏面があるのですね。そういう闇の部分を直視したこの監督や製作させた側もすごいと感じます。
また問題作のご批評を楽しみにしております。

投稿: ふるゆき | 2007年3月28日 (水) 23時44分

ふるゆき様 コメントありがとうございます。なにしろあまり公開館の数がないもので・・・。しかし、ヒトラー最期の・・・もはじめは単館公開だったものが、普通の映画館でも拡大、ということになりました。今回はどうでしょうか、熱心なファンがいれば、とは思いますが、もったいないですよこれ。実際、相当にマニア心をくすぐりそうな作品ですので。
ぜひごらんになって頂きたいです。

投稿: 辻元よしふみ | 2007年3月28日 (水) 23時59分

はじめまして。
TBありがとうございました。

「善き人のソナタ」もそうですが、ヨーロッパの
<よい映画>は上映館が少なくて、ほんとうに残念ですね。

軍事面でのマニアックな解説に感銘いたしました。

投稿: masktopia | 2007年3月31日 (土) 00時20分

辻元様の素晴らしい感想、ぜひトラックバックさせていただきたく、よろしくお願いします。

投稿: ふるゆき | 2007年4月10日 (火) 23時48分

TBさせていただきました。

戦時下の混乱に翻弄され、生き残るために必死な人々の姿にぐっときました。

投稿: タウム | 2007年5月 3日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/14439588

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ブラックブック」:

» 『ブラックブック』&バーホーベン監督応援隊募集中! [映画『ブラックブック』公式ブログ〜バーホーベンはお好き?〜]
ただいま『ブラックブック』&バーホーベン監督応援隊を募集中です! 昨日24日から公開のバーホーベン監督最新作『ブラックブック』をごらんいただいた感想や あなたの熱きバーホーベン監督への想いなどなどを ぜひあなたのブログやHPで語ってください! 語ってくださった皆様へは御礼として、 抽選で東芝エンタテインメント配給の最新作映画試写状があ..... [続きを読む]

受信: 2007年3月29日 (木) 00時35分

» ブラックブック/カリス・ファン・ハウテン [カノンな日々]
けっこう話題の大作だと思ってたんだけど上映してるとこは意外と少ないんですよね。私は川崎のチネチッタで観たんだけど小さいキャパの劇場が割り当てられていたせいかかなりの盛況ぶりでしたよ。春休み映画としては他の作品に集客力で劣るのかな?確かに子供向けアニメって....... [続きを読む]

受信: 2007年3月29日 (木) 09時54分

» 映画「ブラックブック」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「ブラックブック」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 20時48分

» ブラックブック [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ドイツ兵に家族を殺された女性。けれど、その裏には、ユダヤう人をカモにして人稼ぎしよううと楽企む人あり、保身のために、ユタヤ人たちを痛めつける人あり...。 ラリスは、家族をドイツ兵に殺され、レジスタンス運動に参加するようになります。そして、髪を染め、エリス... [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 07時24分

» 映画「ブラックブック」 [ふるゆきホビー館]
やっと問題の映画「ブラックブック」を見てきました。 第2次大戦下オランダにおけるレジスタンス活動の映画とは知っていましたが、これほど重い内容とは…。夜の部で見る、しかも近い映画館ではなかったのでいささか疲れました。2005年の「ヒトラー最期の12日間」とか、なぜ問題作がこうもマイナー扱いなのでしょうか。 しかしやはり見る価値大いにありの力作でした。 「氷の微笑」や「ロボコップ」を作ったバーホーベン監督ということですが、ハリウッドの作品とはまったく一線を画しています。 なにより「正義の行動... [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 00時05分

» 『BLACK BOOK』 [ツボの独り言]
先日、映画『BLACK BOOK』を見て来ました。 この作品は、スピルバーグの『シンドラーのリスト』、 ポランスキーの『戦場のピアニスト』と並んで評価されているもので、 オランダの監督ポール・バーホーベンの作品です。 バーホーベン監督と言えば、有名なのが『氷の微笑』『..... [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 21時32分

» ブラックブック [空想俳人日記]
おお神よ 信じる者を 誰が救うのだ   この作品に痛く興味を惹かれて観てしまったのだが、前触れ告知での「シンドラーのリスト」「戦場のピアニスト」そして、これ!、みたいな、そんな延長線上にあるんだぞ、というちょいと眉唾くさいなあと思いながらも信じてみようか、... [続きを読む]

受信: 2007年4月14日 (土) 18時28分

» ブラックブック BLACK BOOK [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
復讐するは我にありポール・バーホーベン監督による、第二次世界大戦下での史実にインスパイアされて製作された戦争映画。■ストーリー:1944年のナチス・ドイツ占領下のオランダで、若く美しいユダヤ人歌手ラヘルは、レジスタンス(解放戦線)の助けによってオランダ南部へ逃れようとするが、何者かの裏切りによって両親や弟をナチスに殺されてしまう。復讐のために名を変え、レジスタンスのスパイとなり、ナチスの謀報部へ色仕掛けで潜入するが、憎むべき謀報部のトップであるドイツ将校ムンツェを次第に愛...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 21時51分

« 映画「ナイト・ミュージアム」 | トップページ | 映画「大帝の剣」アラララララ! »